dream discover enjoy
Hakkımızda Türkçe English Français

ワイン-ワイン醸造業

ワイン醸造業は、1925年までは主にギリシャ人たちの手で行われていました。1925年まではぶどう栽培のみにとどまりワイン醸造には立ち入らなかったトルコ人たちが、この年以降、ワイン醸造も手がけはじめました。1956年に機械化されるとともに、ワイン醸造は発展しはじめました。1960-80年はワイン業が最もさかんだった時期で、当時ワイン醸造所は13箇所にまで増えました。1980年以降ワイン醸造業がすたれはじめ、多くの醸造所が廃業しました。1998年はワイン醸造業の転機となった年で、政府の援助を受けワイン工場が近代化され、より高品質のワインが生産されはじめました。ワイン用ぶどうの新たな品種が栽培されはじめ、近年島のワイン醸造は発展の途をたどっています。島では現在、6つのワイン工場があり、6つの醸造会社が活動を行っています。設立年度順に、ユナッチュラル(チャムルバー) 1925年、アタオル 1927年、タライ 1948年、コーヴス 2002年、ギュレルアダ 2008年、 アマデウス 2010年。

Bozcaada Wines Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada

ワイン醸造業は、1925年までは主にギリシャ人たちの手で行われていました。1925年まではぶどう栽培のみにとどまりワイン醸造には立ち入らなかったトルコ人たちが、この年以降、ワイン醸造も手がけはじめました。1956年に機械化されるとともに、ワイン醸造は発展しはじめました。1960-80年はワイン業が最もさかんだった時期で、当時ワイン醸造所は13箇所にまで増えました。1980年以降ワイン醸造業がすたれはじめ、多くの醸造所が廃業しました。

1998年はワイン醸造業の転機となった年で、政府の援助を受けワイン工場が近代化され、より高品質のワインが生産されはじめました。ワイン用ぶどうの新たな品種が栽培されはじめ、近年島のワイン醸造は発展の途をたどっています。島では現在、6つのワイン工場があり、6つの醸造会社が活動を行っています。設立年度順に、ユナッチュラル(チャムルバー) 1925年、アタオル 1927年、タライ 1948年、コーヴス 2002年、ギュレルアダ 2008年、 アマデウス 2010年。 島のワイン生産者は、全国的および国際的レベルの品評会で多くの賞を受賞し成功をおさめています。ボズジャアダ・ワインは国内でも国際市場でも、ますます知名度を高め、人気を集めています。

Bozcaada Wines Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada Viticulture in Aegean, Bozcaada