dream discover enjoy
Hakkımızda Türkçe English Français

自然-植物-動物

トルコで3番目に大きい島ボズジャアダは、エーゲ海の北側、チャナッカレ海峡の入り口に位置します。ボズジャアダの面積は、周辺の離島を合わせ37.6 平方キロメートル、周囲38 キロメートルです。 ボズジャアダは内陸部のいくつかの小さな丘を除き、広い平野になっており、最も高い場所は192 メートルのギョズテペです。風はボズジャアダの気候の最も重要な特徴です。エーゲ海の気候はボズジャアダで変わると言われます。夏は決して止まないポイラズ(北風)はボズジャアダぶどうの生命線です。ボズジャアダは、その地域の気候と自然に加え、独自の構造を持っています。地中海気候の影響も受けていると同時に、海峡の入り口に位置するため、北風を豊富に受けます。これが、湿度をおさえて高品質のぶどうを作り、また蒸し暑い夏のバカンスに涼しい風を送り込み、サーファーたちの帆を風で満たすのです。島の、風を直接受ける場所には植物が生えませんが、内陸部には森もあります。島には65属437種の植物が生息することがわかっています。この地方にはないが島に見られる植物として、ボルチャンカ、マスティックの木、フッキソウ、アブデスボザン(アニスの一種)、ヒナゲシ、ヤトゥック・ナクル(マンテマ属)、アクル・ゲヴェン(アンティリス属)、パンクラチューム・マリチウム、デニズ・ゲヴェンがあります。このほかブーゲンビリア、バクヤギク、カルポブロツス、オプンティアなどのエキゾチックな品種も見られます。

Bozcaada Crows Bozcaada Goats Bozcaada Cats Bozcaada Dogs Bozcaada Goats Bozcaada Cats Bozcaada Blue Eyes Crows Bozcaada Goats Bozcaada Cats

シェヒット・ラーレシ(トゥルリル): ゲリボル半島とボズジャアダに生息記録が残る、地域特有の珍しい野生のカーネーションです。ボズジャアダで見られる、この地域特有の絶滅危機種の植物です。

カラス、ハリネズミ、ヤギ、ネコ: ボズジャアダのカラスはほかと異なる種類です。あらゆるカラスの中でも最少で、最も鋭い声を持ち、白い眼と灰色のうなじの珍しい種類です。島の住人はこの賢い動物と生活を共にしています。カフェで座っているとテーブルにとまってくるほど怖いもの知らずで、島名産のワインにその名をつけられるほど、インスピレーションを呼び起こす存在です。ハリネズミ、ヤギそして猫たちは島と同じくらい有名で、人々と共に生き続けています。

Bozcaada Crows Bozcaada Goats Bozcaada Cats Bozcaada Dogs Bozcaada Goats Bozcaada Cats Bozcaada Blue Eyes Crows Bozcaada Goats Bozcaada Cats