dream discover enjoy
Hakkımızda Türkçe English Français

地元の食べ物と飲み物

500年もの間共に暮らしてきたギリシャとトルコの民どうしの交流は、島の食文化を豊かにしました。島の食事は基本的に北エーゲ料理の特徴を示しています。シーフード、赤肉、野草、オリーブオイルが主要な材料です。春になると野草の季節が始まります。島ではイラクサ、ジベス(野生キャベツ)、タンポポ、トゥルプオトゥ(野生ラディッシュ)、アイスプラント、キバナノアザミなどが採れます。これらはオリーブオイル煮やサラダにしたり、ボレッキの具に使われたりします。

Bozcaada Almond and Mastic Cookies Bozcaada Poppy Syrup Bozcaada Tomato Jam Bozcaada Octopus Bozcaada Pitalita Bozcaada Sea Urchins

トマトジャム: トマトジャムはギリシャから伝わる島独自の味です。独自の方法で作られ続けており、島の名物の代表です。

ヒナゲシジュース: ヒナゲシのシロップは島の名物で人気が高く、生産量の少ない製品です。ヒナゲシからシロップ、リキュール、ジャムを作るカフェがあります。島のカフェの草分け的存在で、島内で摘み取ったヒナゲシを使って製品を作っています。

子羊と子山羊: 春になると、子羊や子山羊の肉が島の台所や食卓に登場し始めます。絶品の子山羊のカパマ(煮込み)は島独自の調理法で調理され、生ミントで味付けして食卓に上ります。一度でも食べた人は、この味のためだけに再度島を訪れるそうです。

イカとタコ: エーゲ海がボズジャアダ料理に豊富に提供する、ボズジャアダイカと島タコは、島の家庭の台所のテーブルで、レストランの海鮮品貯蔵庫で、いくつかのホテルやペンションのメニューで、非常に見慣れられた二つの海の幸です。通常は、レストランやシーフード・ロカンタ(食堂)で、タコの炭焼き、イカのココレッチ(細切れいため)、イカのドルマ(ピラフ詰め)など、一風変わった、最高に美味なメニューを味わうことができ、とてもおすすめです。島のほとんどすべての住人が、タコの調理法を知っています。イカについても、全島民が、冬の冷たく荒れた海で頑固にイカ漁をすることを喜びとし、冷蔵庫を地元のイカでいっぱいにし、冬が終われば夏の前菜として客をもてなします。ボズジャアダのイカは、エーゲ海で捕れる最も美味しいイカとして知られています。

ウニ(ハリネズミ): ボズジャアダ独自の、その名も海のハリネズミ、つまりウニは、通常海岸の岩場で、手でまたはスクレイパーと呼ばれる道具で採ります。真ん中をナイフで横に切り分け、海水で洗い、中のオレンジ色の身を取り出して食べます。お好みでオリーブオイル、レモンの絞り汁、酢などをかけ、通常はパンにのせたりスプーンですくって食べます。お供には白ワインが選ばれがちですが、どんな飲み物も似合います。

島ウサギ: 小さなかわいいこの住人は、ウサギの生殖周期が短いという特徴のため、自然界に少なくなることがありません。島ウサギのヤフニ(煮込み料理)は、郷土料理の代表です。 /p>

イワシのぶどうの葉巻き:島ではブドウ畑から新鮮な若葉を摘み、塩漬けにし、一年を通して家庭やレストランでふんだんに使用されます。 新鮮なぶどうの葉はまた、下処理をせずに使っても美味しい料理になります。ボズジャアダ特有の調理方法で、イワシをこの葉に巻き、炭火焼きにします。焼くことでぶどうの葉の味がイワシにうつるのです。この方法で調理されたイワシは、飽きることなくいくらでも食べられます。

生ドルマ: 生の具在を生の葉で巻いて作られる、島特有の味です。非常に好まれ、よく食されます。

Bozcaada Almond and Mastic Cookies Bozcaada Poppy Syrup Bozcaada Tomato Jam Bozcaada Octopus Bozcaada Pitalita Bozcaada Sea Urchins