dream discover enjoy
Hakkımızda Türkçe English Français

ぶどう-ぶどう園

ぶどう農園業とワイン醸造業は、ボズジャアダにとって、経済活動を超え、ひとつの生活様式となっています。ぶどう農園業とそれに伴うワイン醸造業は、島の基礎文化です。ボズジャアダのぶどう農園業とワイン醸造業はおそらく、島の歴史と同じくらい古いものです。島の古い名前になったテネスは、現在のポイラズ港周辺で野生のぶどうを発見し、それを改良して「クントラ」と呼ばれる現在の品種に仕立て上げたと言われています。ぶどうはボズジャアダでは切っても切れない生活の一部となりました。紀元前のテネドスの貨幣にもぶどうの房が描かれています。島の歴史ある豊かなぶどう農園文化は、異なる品種のぶどうが島に広まったことによるものです。島のぶどう農園業とワイン醸造業がここまで大きくなった基本的な理由は二つあります:ぶどう農園業に最適な、安山岩を多く含む、砂と粘土と石の層からなる異なったタイプの土質が、特定の地域で混ざり合っていること。また、その気候構造と、主に北からの優勢な風によって作られる島の昼夜の温度差が、ワイン醸造に最適であることです。

Bozcaada Grapes Bozcaada Grapes Bozcaada Grapes Bozcaada Grapes

ぶどう園地帯は島の面積の3分の1を占め、農地の80%にのぼります。島独自のぶどう品種は4つ: 赤はクントラとカララハナ、白がチャヴシュとヴァシラキです。赤ワイン用にクントラ(カラサクズ)、カララハナ、 カベルネ・ソーヴィニオン、メルロー、シラーズ、マルベック、テンプレリーノ、ジンダフェル、サンソー、マスカット・ハンブルグ、カレジッキ・カラス、オキュズギョズ、プチヴェルドを栽培。白ワイン用にナーリンジェ、マスカット・オブ・アレクサンドリア、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブランなどの品種を栽培しています。食用としてはイルケレン、ウスル、カルディナル、アルフォンス、ロイヤル、ヴェリゴ、イタリア、ラザーキ、ヤロヴァ・インジシ、アタサルス、アーリー・スィート、ヴィクトリアが栽培されています。島のぶどう農園業といえば真っ先に思い浮かぶのが、今では島のシンボルともいえる、世界的に有名なボズジャアダ・チャヴシュです。チャヴシュぶどうはボズジャアダにとっても特別です。常に風がある気候のため、トルコで最も良いチャヴシュぶどうがここで作られています。エヴリヤ・チェレビ(訳者注:オスマントルコ時代の旅行家)はボズジャアダについて、「ここほどおいしいチャヴシュぶどうは世界中のどこにも育たないであろう」と言っています。また、マヴレラとコキネラという地域特有のぶどう品種の再生が試みられています。現在島のぶどう業は、ワインおよびその他のぶどう食品(ジュース、ヴァージュース(未熟なぶどうを絞った酸っぱい果汁)、ジャムなど)の種類を増やし続けています。

Bozcaada Grapes Bozcaada Grapes Bozcaada Grapes Bozcaada Grapes